--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.23 14:21|誕生~3歳まで



2歳過ぎ独歩を始める。

好きなもの:納豆、きゅうり、鮭、鯖、チーズ、フライドポテト、ラーメン、もずく、そしてアイス。
納豆は手掴みで顔中に塗りたくって食べる。
わざとコップを投げたり、お皿をひっくり返したり‥母はイライラの食事タイム。

崚真のお世話を喜んでする:お腹をトントンしてあげたり、お尻拭きを持ってきてくれたり。
2歳9ヶ月からトイレトレーニングを始める。
言葉がたくさん出るように。(まだはっきりしないけどおしゃべりな愛珠)

スポンサーサイト
2007.08.23 13:58|誕生~3歳まで


1歳過ぎた頃から通園施設に通い始める。
初めは猫をかぶっていた愛珠も慣れてくると先生やお友達との関わりを楽しめるように。

1歳4ヶ月頃、つかまり立ちができるようになりますますいたずらが活発に。

食事のとき気に入らないことがあるとすぐコップやお皿を投げるのでついついきつく叱ってしまって後悔‥な毎日。(3歳過ぎた頃ようやく落ち着いてきたけど結構悩んだなあ)

何でも口に入れてしまう愛珠は硬貨を飲み、のどにひっかかりあわてて病院へ。幸い気道をふさがなかったので大事に至らずホッ。(実は2歳になってもう一度飲んでしまい同じ手術で取ってもらった。母は先生に怒られました‥)

1歳半のとき弟の崚真が産まれる。顔を見るまで、いや見てからもいろんな不安があったけど無事元気に産まれてきてくれた、感動!
愛珠お姉ちゃんの自覚が芽生えたのか熱烈なチュー攻撃。興味津々な様子。

1歳9ヶ月の頃、単独通園を始める。(今までは母子通園の日にしか行ってなかったので)
1ヶ月近く泣いてばかりでご飯も食べず‥な日々を過ごし先生も母もくじけそうになった頃、ある日から突然泣き止み自分から遊び始める。
この頃まめイスにつかまって押して歩く。

2007.08.07 11:36|誕生~3歳まで


心臓の手術を無事終えた愛珠は見違えるように元気になって、6~7ヶ月で首がすわり、8ヶ月で寝返り、9ヶ月でおすわり、と愛珠のペースで着実に成長していく。

7ヶ月の頃から月に2回のPTへ。おすわりができるようになった頃、月1でOTも開始。はじめは泣いていた愛珠も慣れてくるとやりたい放題やって先生の反応をみて‥ってな感じで自分のペースに巻き込んでました。

愛珠が10ヶ月の頃、崚真を妊娠。もう寝る前にしかおっぱいを飲んでなかったので特に泣くこともなく卒乳でき、離乳食もよく食べた。今思うとこの頃が一番いろんなものを嫌がらず食べてくれたような‥

1歳になっても歯が生えてこなくて心配だった半面、歯磨きしなくていいから楽でいいや!とのんきな母でした。ちなみに翌月ちゃんと生えてきました。

1歳になる頃からはいはいではなくお尻でずって移動するように。結局はいはいはせずに終わった愛珠です。手術を乗り越え、大きな病気をすることなく1歳を迎えた。元気が一番!笑顔が一番!

2007.08.01 22:33|誕生~3歳まで


生後一ヶ月ほどで退院。愛珠はあまり泣かずよく寝た。夜の寝つきだけは悪くて、お父さんと交代しながら2時間抱っこなんてこともよくあった。
うんちがなかなか出ないので綿棒で刺激して出していた。

愛珠は 心室中隔欠損症 で県立こども病院で12月にカテーテル検査、そして1月の終わりに根治手術をうけた。手術入院の直前に初めての風邪をひいてしまい、手術の日の朝までやるかやらないか先生も決めかねている状態だった。
このチャンスを逃すと3ヶ月先になってしまう。肺高血圧症のことを考えると早くやりたい。でも体調が悪いのに無理して・・手術当日の朝ギリギリまでいろんな検査をして、先生は手術しても大丈夫だと決断した。

手術の日・平成16年1月20日

9時に手術室へ。心臓をいったん止めて人工心肺を使った手術。愛珠の力を信じて待つしかなかった。
16時無事手術終了。7㍉だと思っていた穴が21㍉あったそう。早く手術できてほんとよかった。

ICUへ。裸でふかふかのベットに横たわる愛珠。たくさんの管が体のあちこちから出ていて、目はセロハンで覆われ、ほんとに生きてるの?大丈夫なの?と思ってしまった。呼吸器の機械音がなんだかとってもこわかった。

一週間ほどで病棟へ。まだ酸素は必要だけど、今までの顔色とは明らかに違う。頑張ったね!愛珠。

2007.07.29 16:14|誕生~3歳まで


平成15年8月2日 16時21分 愛珠誕生! 体重2704g

朝方陣痛が来て入院。病室で破水~あわてて分娩台へ~10分位であっという間の出産。

泣き声は聞こえたような?よく覚えてないけど泣いたらしい。少しして初対面。
唇をチュパチュパ吸っていたのでおっぱいを吸わせてみるとちゃんと吸い付いて感動だった。

夜中におっぱいをあげるために愛珠を部屋に連れて来てくれるはずが一度も来ない。どうしてだろうとちょっと心配になりつつ、朝ナースコールをして新生児室に会いに行かせてもらう。初めてちゃんと抱っこできてほんとに幸せな気分。これからずーっと一緒にいられると思ったのに・・

その後お父さんから心臓に穴が開いているから救急車で日赤へ搬送すると聞く・・健康で生まれてくるのが当たり前だと思っていたからいまいちその言葉が頭の中に入ってこない。
とりあえずしっかり検査をしてできることをしてもらうしかないんだ。

張ってきてしまうおっぱいを時間ごとに搾って、あとはすることもないのでいろんなことを考えては一人で泣いて過ごした。今思えば何がどうなっているのかわからなかったこの時期が一番不安で一番泣いたのかな。

お父さんは 染色体異常の可能性がある って言われたことはまだ私には隠していたんだけど新聞記事がきっかけで知る。
そして8月18日 お父さんと二人で検査の結果を聞いた。ダウン症だった。
先生のその後の話は、頭が真っ白で何も覚えていない。
話を聞き終え愛珠の顔を見ると涙が出てきた。帰りの車の中でも。

障害児を育てることへの不安もあったけど、障害を持った子供を産んでしまった自分がかわいそうだと思っていただけなのかもしれない。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。