--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.19 13:27|1~3年
今はどこの地域にもあると思いますが、この地域にも「子どもを守る安心の家」というのが通学路のあちこちにあり、子どもたちを見守ってくれています。
何かあってはいけないのですが、何かあったときに駆け込めるお家があるってのは、親としても安心だしありがたいことです。


もう先々週の話になりますが‥

夕方、担任の先生から、「直接会ってお話したいことがあるのですが。」と電話がありました。

なんだろう。。

夕飯を食べているあずの顔をみながら、「今日、学校で何かあった?」と聞いても、あずはきょとんとして、「ううん、ないよ。」と首を振ります。

「なんかやったんでしょ。」
ちょっと疑いのまなざしを送ったりもして先生が来るのを待ちました。


そして、先生が来てお話を聞きました。

下校途中、あずが上級生からからかわれていたという内容でした。
4年生の男の子たちが信号待ちをしているあずに向かって、「青で止まって、赤で渡るんだよ。」というようなこと言っていたらしく、あずは一生懸命「ちがうよ‥」と言い返していたみたい。

その場に居合わせた子がお家の方に話してくれたようで、お父さんから学校へ連絡を入れてくれて発覚したのだそうです。そのお宅は「子どもを守る安心の家」にもなっていました。


あずは、下校はみんなと一緒に出発しても自分のペースでゆっくり歩いて帰ることがい多いし、その日はみんなから遅れて出発した日でした。
家に帰ってきて、そんなことがあったと話をしたわけでもなく、いつもと違う様子もなかったので、その子が話をしてくれなかったら全く気付くこともありませんでした。

発覚後、その4年生の男の子たちがあずのところに謝りに来たようですが、態度に納得いかなかった先生が後でしっかりと話をしてくれたようです。話をする中で、 「他の子だったら言わなかった。あずちゃんだからそう言った。」と言っていたようで、こういうことはある意味覚悟はしていたことではあるけど、残念な気持ちでいっぱいになりました。

あずはたまたまその辺のことが理解できていたからよかったけど、もし言われるがままに赤信号を渡って事故にでもあってしまったとしたら‥
ちょっとからかってみようという軽い気持ちだったんだとは思うけど、やっぱり言ってはいけないこと。
これがいい機会になって、その子たちの意識が変わってくれることを信じたいと思います。

「あずちゃん一生懸命反論して偉かったと思います。でも本当に悔しくて‥」

真剣にその子たちと向き合って話をしてくれた先生の思いが、話をする中ですごく伝わって、親としてはそれがとてもありがたく、うれしかったです。



後日、あずと一緒にその安心の家の方にお礼をしてきました。
2人のお子さんが同じ小学校に在籍していて、一番上のお兄さんが養護学校に通われているそう。

「お互い頑張って、学校行こうね!」
とても優しい顔であずに向かってそう言ってくれたお母さん。
私も思わず涙が出てしまいました。


今回のことは残念で悲しかったけど、こういう地域の人たちのあたたかい目を感じることができて救われる思いがしました。
地域の人たちにもお世話になりながら育っていってほしいなと思います。
感謝の気持ちを忘れないように。




こちらもポチっとおねがいします。

にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。