--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.02.23 07:19|スノーシュー
年末から家族みんなの健康運がガタ落ちで

溶連菌、中耳炎、インフルエンザ・・
こんなに続いたの初めてで気がつけばもう2月も終わり?!という感じです
病院には週に何回も子どもが誰かどうか通っていたので、受付の人には同情され私ももはや笑うしかない

ようやく病原菌は退散してくれたようで、これで一年分終わったと思いたいです
健康が一番を痛感した1月、2月でした

先日の大雪、長野市では最高で70cmくらいだったのかな?
必死で雪かきをする大人を尻目に子どもたちは雪遊び
大雪
※写真横向きでゴメンナサイ

庭から二階のベランダに上がれそうな高さ
この家に来て一番積もりました
しばらく雪はいいかな

とはいってもウインタースポーツには雪は欠かせない!
Ioはひとりでスキーが滑れるようになりました
ioスキー
3人目は何でも早い(ただいま4歳)

Ryoとは岩岳のスノーウォークに参加してきました
Ryoスノーシュー
※またまた写真横向きで失礼します
(直すの面倒で・・)

まさに大雪のさなかでしたが長野~白馬は問題なし
さすが雪国、いつものことですからね

スノーシューで北アの絶景を見ながら・・という訳にはいきませんでしたが、カモシカにも会えたし、夜のパーティでは地元野菜やジビエ料理をいただきながら抽選会で盛り上がりました


私もなんだかんだで遊ばせてもらい・・

まずは職場の人たちを誘って初、ボルダリングに
やっぱり見るのとやるのとは全く違う!
自分の体の重さを痛感したし、体の使い方、足の置き場をちょっと変えただけでスムーズに上がれるようになったりと力だけではない奥の深さを感じました
翌日は腕がヤバいことになったけど、楽しかった

そして、キックボクササイズ
いつも行ってるジムに1回600円で受けられる教室があって(ジムと併用なら+300円でOK)、これも職場の人と
1時間なんだけど、全てを全力でやると死にます(笑)
これがとっても心地いい
ますます本物をやりたい気持ちが強くなっちゃってますが、とりあえず行けるときには行きたい教室です


で、スノーシュー
みんなの病気の合間をぬって、今年は今のところ4回
スノーウォークと、トレマンさんのツアー3回

1回目の黒姫はラッセル修行の末、吹雪で途中撤退の不完全燃焼
(膝上ラッセルで脂肪はかなり燃焼したと思われますが‥)

2回目の高社山
去年のケツぞりが忘れられず行ったのですが、雪が少なくて・・半分はスノーシューを持って歩きました
下り、できそうな所は無理やりケツぞり敢行!その結果、翌日はお尻があざだらけになりました

3回目、霊仙寺山~飯縄山
ずーっと天気に恵まれなかった今年のシュー
ようやくご褒美が・・

スキー場より ゲレンデ直登

6時半
朝日に染まる霊仙寺山(右のピーク、左が飯縄)
飯綱リゾートのゲレンデトップまで直登
さすがトレマンツアーだけあって、スピードが違う
早朝トレーニングだと言い聞かせついて行ったけど、ハンパない汗をかいた

ゲレンデトップから先は山頂へダイレクトに
途中で正規ルートと合流したけど、つぼ足のトレースがあってびっくり
一瞬熊かと思った

白樺と空
青と白の世界
やっぱり森の中を歩くのが気持ちいい

もうすぐ山頂
もうすぐ霊仙寺山頂
前半のゲレンデ直登がきいて、腹ペコでかなりバテた

山頂 飯縄と北ア

そして山頂到着
前回熊の恐怖と闘ってたどり着いて以来、3回目
飯縄に比べてあまり登られることのない地味な山ですが展望は最高で隠れた名山だと思います
バックにはこれから縦走する飯縄山

霊仙寺から飯縄への縦走は一度歩きたいと思いながら叶ってなかったので初めて
夏は藪こぎ必至のルートのようですが、冬は歩きやすくて最高でした
着いた飯縄山頂はやはり裏切りませんでした

飯縄山頂
たまには・・と思って写真撮ってもらいました

高妻 五竜
美しいけど、簡単には登らせてくれない高妻山(写真左)
左から鹿島槍、五竜、唐松(写真右)

もう景色が最高すぎて言葉が出ない
山の神様ありがとう

下りはこれまた初めての原田新道
この道を使えば、霊仙寺~飯縄の周回ルートを歩けます
走って滑って転んで・・駆け下りました

スキー場に着いたのが10時20分
これだけ遊んでも昼前に家に戻れるのがトレマンツアーの素晴らしいところ
下りてきた頃には山頂はガスガスだったので、やっぱり早起きは三文の徳
ありがとうございました


来月16日の伊豆トレイルジャーニー
雪の影響で開催が危ぶまれているようです
75kという未知の距離への挑戦を楽しみにそれなりにやってきたのでなんとか開催の方向に進んでほしいのですが・・

26日に最終判断が出るそうなので、それに従うしかありません
どうなるのか?ドキドキです
スポンサーサイト
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。