スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1学期もあと少し

2010.07.17 03:37|1~3年
入学式から3ヶ月半・・あっという間のような長かったような、そんな1学期もあと1週間で終わります。
授業中に席を立ってしまったり、次への切り替えがなかなかスムーズにいかないことが少し続いているのと、お友だちとの関わりでもちょっとトラブルもあって気になっていたので、火曜日に様子を見に行ってきました。
 
3時間目の支援学級での算数と4時間目の原級での国語の授業。
学校に行くとまた休み時間で、2組の教室をのぞいてみると、あずの机のまわりに3人のお友だちが集まって、とっても楽しそうに粘土をしていました。前々日、その中の近所のAちゃんに、あずはたたいたり、意地悪をしたりしてしまって、Aちゃんも「あずちゃんと遊びたいけどこわい」と言っていたようで、とても気になっていました。席替えをする前は隣の席だったので、粘土の時間にAさんの作ったものを何度か壊してしまうということもありました。
前々日は、あずはAちゃんと粘土がしたかったみたいですが、Aちゃんは壊されるのが嫌でやらなかったら、それが気に入らずトラブルになってしまったようで、次の日「一緒に粘土で遊びたかったら、絶対に壊したりしないよ。」と言うと、「わかった。」と言って、Aちゃんと指切りをして約束しました。
そしてこの日、楽しそうにふざけあいながら粘土をする姿が見られてとてもうれしく思いました。何度も嫌な思いをしているのに一緒に遊んでくれるAちゃん、本当にありがとう!
 
休み時間が終わり私の姿を見つけると、必要以上に張り切って片づけを済ませてこっちへ走ってきました。夢中になっていると、こういう切り替えも普段はなかなかパッとできないことがありますが、この日は私がいるのでいいとこ見せようと思ったんだと思います。
筆箱を持つと、担任の先生に大きな声で「いってきまーす!」と言って支援員の先生と教室を出て、私を案内するかのように、支援学級に向かってスタスタと歩いていくあず。もうこの移動はすっかり慣れた感じでした。
 
この日は4年生の女の子がお休みで、4人。あずの隣には支援員の先生が座ってくれています。
まず始めは百玉そろばん。
 
5の階段、合成や2とび、5とびなどみんなで声を合せながらやった後、どっちが多い?とか一瞬(一瞬ちょとだけ動かした玉の数を言う)、目隠し(目隠しして音だけで数を当てる)、2人で対決(先生が動かした玉の数をで早く言った方が勝ち)などなど・・
 
先生はとてもリズムよく進めてくれるのであずもノリノリで参加していました。
 
 
あずは5の合成や2とびなどはまだ?だと思いますが、どっちが多い?や対決は一番大きい声で頑張っていました。ほぼ毎日やってるようなので、視覚での記憶と繰り返し口に出すことで自然に頭に入ってくれればいいなぁと思いました。
 
そして、次はおはしで豆つまみ競争。
一定時間に何個お皿からお皿に運べたかを数えて黒板の表に自分で記入しました。


はじめ、表に名前を書く時点で、大好きなT君の取り合いになって3年生のYさんに何やら言っていましたが、これはいつものことのようで、先生がさっとT君をYさんとあずの間に入れてくれ、あずも納得していました^^;
やさしいT君は大人気のようで、あずもことあるごとにT君に近づいて背中にギューしたり、お世話を焼いたりしていました。(T君いつもありがとう!)
 
あずは表の一番下に「あず」と書くと、その下に大きく○○だせせ(ん)せいと、支援員の先生の名前も書いていました。
 
ちょっとずるしつつも、つまめた豆の数はちゃんと数えて数字を書いていました。
3回やって1、3回目は6個、そして2回目は1個もつまめず0。意外と忘れがちな0の概念もこういうふうにゲームの中で身につけばいいなと思います。
 
そのあとは数のシール張りをして、紙芝居を聞いて終了!
途中、音の出る本を見たいとそっちへ行こうとしましたが、先生が冷静に、「今は見ません。」とあずがあきらめるまでついてくれ、あずも根負けというか、今はダメなんだと納得して、何事もなかったかのように勉強に戻れたので、先生のゆるぎない対応に安心させてもらいました。あずもいつまでも駄々こねずに戻れるようになったのは成長かなと思います。
とっても生き生きと授業に参加するあずが見られて、なによりそれがうれしかったです。
 
4時間目。
国語の授業は「わたしのすきなもの」
お隣のお友だちにすきな○○は?と聞き合いっこをすしました。あまり乗り気ではなく違う教科書をめくったり、何か書きこんだりしていたあずでしたが、支援員の先生がうまく導いてくれて、隣のS君に聞いて書いたり、S君の質問に答えたりしていました。 

S君:「すきなたべものはなんですか?」
あず:「ぶどう!」
 (最近たべてないけどなぁ・・)
 
S君:「すきなどうぶつはなんですか?」
あず:「とら!」
 (この前動物園行ったときは、下向いてまともに見れなかったじゃん)
 
S君:「すきないろはなんですか?」
あず:「あか!」
(やっと納得)
 
あずは一番前の左側。おわったYちゃんがのぞきに来てくれています。
そのあと、教科書の文を書き写すということをやりましたが、あずはその気になるのに時間がかかり途中で授業終了。みんなが給食の準備を始める中、最後までやろうと頑張っていましたが、さすがに疲れていたので声をかけると途中で切り上げていました。
 
席を立ってしまうこともなく、頑張って取り組んでいたのでホッとしました。っていっても、私が見てるんだから当たり前と言えば当たり前?
「お母さん、いつでもいいのでまだぜひ見に来てください。」と支援員の先生にも言われました。私も見てるのは楽しいし、どんどん学校にも足を運ばせてもらおうと思います。
 
ちょっと衝突が多かった、新しい支援員の先生(この日の先生ではなくてもう一人若い先生が5月から入ってくれています)との関係も今週はぶつかることも少なく過ごせたようです。
 
水遊びが大好きなあずは、トイレに行くとトイレの手洗いで水遊び、歯みがきに行くと水道で水遊び・・という感じでなかなかすっと帰れないことも多いようです。しかも水を飛ばしてびちゃびちゃにしちゃったりしてよく服も濡らして着替えています。トイレの方は3個ある手洗いをひと通りかまえば気が済むので、先生も見守ってくれているようですが、水道はお友だちにも迷惑かけちゃうので、まずは張り紙を張ってもらって意識させるとかの対策を考えてもらっているところです。
 
あと、プールの後の着替えがなかなかできなくて困っていたのですが、教室ではなく保健室で着替えるようにしてもらったら、自分でプールバックを持って移動してサッと着替えられるようになったみたいです。教室が嫌な理由は特に思い当たらないので、気持ちの問題なんだと思いますが、柔軟な対応をしてくれる先生に感謝しています。
 
1学期も残り4日。そしていよいよ初めての夏休みに入ります。親はちょっと気が重たかったりしますが、
あずは5日間の短期水泳教室(抽選なのでまだ確定ではないけど)と5日間の休日サポート(プールや公園に連れて行ってくれるみたいです)に出す予定です。
 
昨晩はものすごい雷で「こわい、こわい。」と大騒ぎ。「家の中にいれば大丈夫だよ。」と言っても、とても信じられないみたいで、まゆ毛下がりっぱなして部屋の中をうろうろ。ごはんものどを通らなくて気の毒でした。見かねたお父さんが、「雷さんのおならだから大丈夫!」と言うとすこし持ち直していましたが、お父さんにくっ付きっぱなしのあずがとてもかわいかったです。
 
みなさんよい3連休を。
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。