スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛珠の気持ち

2007.09.11 21:50|年少さん
保育園にお迎えに行くと愛珠のことをよく見てくれているH君が来て、「あずちゃんね、今日Sちゃんの顔引っかいちゃって血出ちゃったんだよ~おらねぇ、あずちゃんダメって言ったんだよ!」と一言。先生が来たので話を聞いてみると、愛珠はSちゃんが持っていた旗がほしくて服を引っ張ったりしているうちに、そのままの勢いで顔をガリッとやってしまったようです。先生もずーっと側にいた訳ではないみたいで詳しい話は分からずじまい。
最近の愛珠はすぐ顔を引っかくようなことはしないと私は思っているんですが、ほんとに欲しいものになると押さえがきかなくなるところもあるしなぁ。言葉でうまく伝わらないもどかしさも感じているんだろうと思います。
愛珠はおしゃべり大好きなので体中を使っていっぱいお話してくれます。一緒にいたときの話だと分かってあげられることが多いんですが、保育園の話やなんかになるとなかなか難しくて、私が「~したんだね?」と違ったことを聞き返すと「がう(違う)」と言って下を向いて話すのやめてしまうことがしばしば。母親なのに分かってあげられないのがほんとに悔しくてかわいそうに感じます。
最近は崚真が「愛珠何言ってるか分かんない!」と言うのを耳にすると愛珠はどんな気持ちでいるのか、なんとも言えない気持ちになってしまいます。


家に帰ってクレヨンでお絵かきをしていると愛珠はお友だちの顔を描きほっぺを塗りながら「いたい、いたい」と言うので「Sちゃん描いたの?」と聞くと「うん!」と愛珠。愛珠もお友だちを傷つけてしまったことで心が傷ついているんだなぁとなんだか切なく感じた母でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。