スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校へ行ってきました。

2010.03.11 13:38|就学に向けて
火曜、お父さんと二人で小学校へ行ってきました。
今頃ですが、判定結果の報告とあずの入学後の話し合いといったところでしょうか。
校長先生、教頭先生、支援学級の先生と(本当は保健室の養護の先生も出席予定だったみたい)、校長室で話をしました。

まずは、判定結果。
だいたいそうだろうなぁとわかってはいましたが、やはり『支援学級での学習が好ましい』という判定でした。まぁこれはあくまで教育委員会での審議で出た判定結果であって、最終的には親の意向で決まるんですが・・

まだまだイメージがわかない小さい頃は、なにがなんでも普通学級でみんなと一緒に勉強してほしい!なんて考えていた時期もあったけど、今となっては普通学級にこだわる気持ちは全くなくて、あずが楽しく学校生活を送ってくれればそれが一番という感じ。
これってあきらめ?なんて思わなくもないけど、いい意味で力が抜けてきたのかしら?でも、そんなビジョンを持ちながら発達にいいと言われたおもちゃに飛びついたり、あちこち顔を出したりしてがむしゃらになったあの時期は決して無駄ではなかったっていうふうには思っています。わが子に期待を持って、何か見えないものと闘っていた日々っていう感じかな、今振り返ると。
きっと、だんだんとダウン症ってことが私なりにわかってきて、あずのこともわかってきて、あずのためには・・って自然に変わっていったんだと思っています。期待を持たなくなったってことでは決してないけど、あずのあるがままで生きていってほしいって気持ちが大きくなったのは確かです。

入学後については、いくつか希望を伝えようとお父さんと事前に話をしましたが、学校側も私たちと全く同じ考えを持っていてくれたのでとてもほっとしました。

なるべく原学級ですごさせてほしい。これが一番の願いですが、先生方も出来る限りそうしていきたいと言ってくれて、ロッカーも原学級に用意してくれるそうで(もちろん支援学級にもありますが)、朝登校したらまずはみんなと一緒に教室へ行き朝の会から一緒に過ごす事ができそうです。スタートが別だとどうしても他のクラスの子みたいな感じに思われてしまうんじゃないかなぁ、それはちょっと寂しいなぁと思っていたのでよかったです。
クラスは30人ほどのクラスが2クラスの予定。もうちょっといれば3クラスになって人数少なくなったんですけどこればかりは仕方がないこと。あずが原学級の授業に出る時は、いつもというわけにはいかないかもしれないけど、補助的な先生がひとり入ってくれる予定だということで、こちらは全く期待していなかったのでとてもびっくりでした。これはほかにもちょっと心配なお友達もいるからということもあるようなので、あず専属ってことではなさそうだけど、ありがたいことです。あまり付っきりっていうのはあずが嫌がる可能性も大有りなので、見守ってもらえるくらいでちょうどいいかも。

登下校は、少しの間は集団。それが終わってからも近所のお友達と一緒に行ってもらうつもりだけど、もう安心って思えるまでは私も付き添おうと思っています。体力的には全く心配ないあずだけど、気持ちが・・ね。急に歩かなくなっちゃってみんなに迷惑かける可能性も大いにあるし、信号も一箇所あったりでその辺もしっかりと安全確認できるように習慣づけさせてあげなくちゃ。来年になればりょうまも入学になるけど、ひとりで登校・・これはいつになるかは分からないけどひとつ目標にしたいな。

入学式の日、保護者のみなさんにあずのことお話させてもらう時間を取ってもらうようにお願いしてきました。はじめにお話して知っておいてもらった方が・・と夫婦で話し合った結果です。簡単にって思っていますが、何て言おう?うまく言えるかなぁ。

どんな話になるかなぁ?とちょっとドキドキしましたが、先生方もあずの入学についてしっかりと考えていてくれていてとてもほっとしました。入学後いろんな問題が起こるかもしれないけど、それはその都度解決してやっていきたいです。入学に向けていい話し合いができて、また一歩前進といった感じでした。

昨日は最後のST。
相変わらず最初からあずのペースでしたが、わかってはいる感じで課題もこなしあっという間に終了時間に。先生からお手紙をもらいましたが、そんなことよりはじめから気になっていたお医者さんごっこのセットで遊びたくて仕方ない様子。結局お医者さんになりきり、先生に注射したり、耳の中をのぞいたり・・最後まで自分を貫き通したあずでした。



心臓の手術から回復して7ヶ月くらいに初めて足を踏み入れたこのセンター。まだコロコロ転がるくらいしか出来なかったあずがもうすぐ小学生。なんだかあっという間だったけど、振り返ればいろいろあったなぁ。この日、訓練の後整形を受診して、足底板は引き続き・・ということにはなったけど、OT、STは卒業になりました。お世話になった先生、本当にありがとうございました。
STの先生と。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。