スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりで登校

2010.07.22 14:23|1~3年
3連休が明けた火曜日。
海水浴の暑さに当たったのか熱が続いていたいおり。
それまで登校はいつも一緒に昇降口まで行っていたんですが、さすがにぐったりのいおりを連れていくのはしのびなく、

「今日は、三角公園(家から近い公園)まででいい?」とあずに聞いてみると、
「ひとりでいくよ!」と予想に反した答えが‥
あずのその言葉を信じて玄関で見送りました。

いつもは家の前で他に3人のお友だちと待ち合わせをして出発しているのですが、この日は玄関を出たときにはまだ誰も来ていなく、あずはそのままスタート。
「ひとりでいくの?」と聞くと、こちらを振り向きもせず、
「うん、いってくるからね!」と自信たっぷりのお返事が。

そんなあずの後ろ姿に不安は吹き飛び、安心して見送った母でした。

後からお友だちが来て事情を話すと、Yちゃんは「え~、あずちゃんひとりで行ったの?」とびっくりしていました。
「途中で追いついたらよろしくね!」とお願いはしましたが、走ってあずに追いつこうとしてくれたYちゃんたちでも結局学校まであずの姿を見ることはなく、下駄箱をすぎた廊下で発見したようです。

その気になれば、寄り道もしないで早く歩けるんですよね。
いおりのお熱がきっかけで、この日がひとりで登校記念日になりました。

ひとりで歩いたことは、Yちゃんたちが先生に報告してくれたようで、汗びっしょりのあずも先生に褒められていい顔をしていたようです。またひとつ期待にこたえてくれたあず、がんばりました。

と、そんなことが続くと思ったらまだまだ甘く、昨日もひとりで出発しましたがすぐにYちゃんたちが追いつき、「一緒にいこ!」と言われたのが気に入らなかったらしく、「やだ!」の一点張りで、しまいには道路に座り込んでしまって動かず‥
Yちゃんがあずに付いていてくれ、Aちゃんが学校に行って先生に知らせてくれたようで、先生や近所のおばちゃんたちがあれこれ声を掛けてくれたようですが、全く聞く耳をもたず、結局、私の携帯が鳴りその場にかけつけることになりました。

あずの気持ちは、昨日はみんなに追いつかれなかったから今日も‥だったんだと思います。
それはわかるけど、そんなことで‥とも思ったりして。
手押し信号、自分が押したかったのに‥、私はこの位置で歩きたかったのに‥、自分が一番先頭がよかったのに‥、あずにとってはそんなことではすまされないことなのかもしれません。

今朝は、虫に刺された足がかゆい、かゆいと言って座り込んで動かなくなり、ついつい喝を入れてしまいましたが、ちょっとしたことで気持ちが揺れてしまうあずに、ワレものを扱うように朝はハラハラドキドキしています。
この辺をわがままとみるか、あずにもどうしようもないこととみるのか‥甘やかしにはなってもいけないし判断が難しく、私もその対応に神経を使うのに正直疲れ果てることもあります。

あずを学校で見送って家に帰ってから心にひっかかるものがあったので、一緒に行ったりょうまに、
「おかあさん、やっぱりあずに怒りすぎちゃったかな?」と聞くと、
「大好きだから怒ってるのはわかるけど、ひかえめにね!」だって。
その言葉がすーっと心にしみて反省した朝でした。

今日は、ひとりで下校する約束をしています。
早くあずの顔が見たい、そしてギューしてあげたい。
じゅうぶん頑張っているもんね、あず。


「あなたの感じる風」
今、この瞬間はどんな風なのかしら?
あずの心の声をもっと聞けるようになりたい。



にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

お引越ししたから、コメントが書きやすくなってうれしい!(笑)
それにしても、本当にえらいわ。
しずちゃんの子育て、見習うところたくさん。
そして、そんなしずちゃんを見てるりょうまくんも、いい子に育ってるね。

当たり前のことが当たり前じゃないからこそ見えてくるものがある。
しずちゃんのサイトを見てると、日々、これくらいできて当たり前、と思って子供に接している自分を反省します。

しずちゃんみたいに、子供達のこと、もっとしっかり見ていかないと!

しずさんの子育ては、本当に見習うところがたくさんe-420
子どもとの向き合い方、本当に見習わなくてはいけないことが、私なんかい~っぱいあります。
「怒りすぎちゃったかな?」と、気にするところが、また優しい。
私なんかも長男によく「怒りすぎ、そんなに言わなくても」なんて言われてしまいます。
どうしても、言いすぎたり干渉しすぎたり甘やかしてしまったりするんだよね。
それは、りょうまくんの言葉を借りれば、「大好きだから」ってことだよね。
そして、ひかえめにと言うりょうまくんも、怒りすぎと言う、我が家の長男も「大好きだから」って、ことなんだよね。
「あなたの感じる風」・・・すごく優しくて、しずさんらしい素敵な題ですね。

黄色は見ずらいですぅ~

うんうん、なんとなくわかるよ~。
まいも1年生の時、波があってしゃがみこんで動かないことも多かったです。
それをお世話してくれる子に対してまいは余計意固地になったり。
インターホンを鳴らしてくれたこともあり、毎日マンションのベランダから見えなくなるなるまで眺めては、すぐに追いかけれるようにしてました。
余裕をもって出てるのに、遅刻したこともあったようです。

でもね、ちゃんと行けるようになりました…!
時間がかかるんだけど、学校はちゃんと行くところって理解したんでしょうね。
学校までの道も慣れると誘惑がなくなるのかな?
危険な事は本気でしからなくちゃいけないけど、信じてあげることも大事ですよね。
(今は出来るようになったから言えることです、ハイ…)

うーん。

sakiちゃん、コメありがとう!
そんなふうに言われるとそれほどのことはしてないけどね^^;
ただ、あずを授かったおかげで、普通ならスルーしてしまうような日常が、ものすごい重みをもって感じることだったりするなぁとは実感してるかな。

りょうまは3人きょうだいの真ん中、そしてあずとずっとのバタバタ生活につきあわさせてしまっているから、結構難しいの。。
あずよりりょうまの方が気になっているこのごろ。
同じように目を、手をかけてあげるのってなかなか難しいよね。

なかなか難しいよね。

やーごさん、コメありがとう!

「怒りすぎちゃったかな?」って気持ちになるときは、本当に怒ってるから、私^^;
正直、なんで?またか?なんて思っちゃってついイライラモードになっちゃってさ。
それを抑えて穏やかに待てたり、さとせたりするときもあるけど、そうもいかない日もやっぱりあるんだよね。そんなときはあとでもっとああすればよかったかなーなんて後悔する。
そんなこんなの繰り返しだよ。

りょうまに助けを求めちゃってたんだよね、きっと。

黄色訂正したよ^^;

まいママさんありがとう!&やっぱり見づらいよね。
ということで緑に変えました。

そうですよね、信じられてないときって子供も感じてるよね。
今はコロコロ変わるあずの気持ちについていくのがやっと、というか振り回されてどこまでつきあったらいいのか、叱ってやらせたらいいのか‥ちょっとわからなくなりつつあります。

夏休みいろいろ考えて、2学期に活かしていこうと思っています。
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。