スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潮干狩り

2012.04.28 03:35|日々のこと
週末、じじばばと姉の家族総勢11人で南知多へ旅行に行きました。
一番の目的は潮干狩り。
私も子供の時に行った記憶がかすかにあるくらいで本当に久しぶり。子供たちはもちろん初めての体験となりました。

潮干狩りって海に行けばいつでもできると思っていたらそうじゃないんですね。潮の満ち引きで可能な日が書かれた潮干狩りカレンダーなるのもをチェックして日を選びました。

知多半島には潮干狩り場がたくさんありますが、今回は南知多ビーチランド近くの奥田中潮干狩り場へ。
翌日は天気が完全に悪い予報だったので、ビーチランドはスルー。
入漁料は大人1100円、小学生900円だったかな?
専用の網や袋を渡されるのかなと思ったら特になし。取り放題でした。(あまりたくさんだとチェックが入るのかもしれませんが‥)

いざ、チャレンジ!
潮干狩り
あずは早々に座り込んでびっしょり。
しゃがんで掘るのって結構疲れるしね。
私も初めはお尻が海水に付かないように微妙な中腰でやってましたが、採るのに夢中になってたらいつの間にかおしりが冷たいってなことになってました。

ryo貝
ryoは、砂に小さな穴が開いているところを掘るとあさりがいる!っていう大発見をして終始大興奮で掘っていました。
長靴履いてたのに気がついたら裸足だし。

io貝
もはや子供たちそっちのけであさりを採る私でしたが、ioももくもくと貝集め。
みんな寒くなって上がっても最後の最後まで海を満喫していました。

あさりって店で買って食べてるけど貝をじっくり観察したりしないので、はじめ見分けがつきませんでした。潮ふき貝、バカ貝と呼ばれるものも結構採れる所だったので、子供たちははじめほぼそればっかりであさりがほとんどなかったり。あとの選別がなかなか大変な作業でした。

あさり

本当はくま手で採ることになっているのかもしれませんが、貝を入れるために持っていった百均のカゴがなかなか使えました。(あずが使ってるようなやつです。)砂ごとザッとすくって海水の中でカゴを振って洗えば貝が残るってな感じ。常連っぽいおじさんもこのやり方で採ってました。

最後はみんなびっしょりで着替えタイムが大変でしたが、楽しい体験ができてよかった。
車の移動があるので、海水をペットボトルに入れて持ち帰って宿に着いてからあさりちゃんに。クーラーボックスの場合は呼吸もできるようにフタも開けておかないと貝が死んじゃいます。当たり前だけど貝も生きてるんですね。

宿ではカラオケで大盛り上がり。
カラオケ
いつもながらマイクの取り合い状態。
私はひたすら選曲。

雨の翌日は宿の人がいちご狩り体験をさせてくれました。
なんと無料で!
イチゴ狩り
大きくてあま~いいちごをたっぷり堪能。
子供たちもいちご食べマシーンと化してました。

そして前日スルーした南知多ビーチランドへ。
こじんまりとしてますがとても楽しめる水族館でした。
やっぱりイルカショーですね。
ビーチランド

盛りだくさんの旅行。
子供たちの目はキラキラしっぱなしでした。
楽しかったね~
帰ってからのなんとも言えない寂しさと疲労感はつきものですが(笑)





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。