スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯綱山(2012.5.19)

2012.05.24 09:41|お山日記
Ryoも二年生になり、一緒に山歩きできるかなぁなんて親の勝手な思いですが、誘ってみたらいい返事が返ってきたので私も十数年ぶりに山を復活しようかと思います。

Ryoのデビューはどこがいいかな?と考えましたが、ここら辺の学校登山の山、「飯綱山」に決めました。
子どもと登るにあたっては天気優先で行こうと思っています。今回は初登山なのでなおさら。予報バッチリの先週土曜にいざチャレンジとなりました。

山登りには家族の協力が必須。
この日はお父さんは剣道の引率で×。なのであずはディサービス、Ioは保育園に行ってもらいました。Ryoと山に行くことはもちろん内緒。ごめんね。

飯綱山(飯縄山)1917m

南登山道
一ノ鳥居(8:50)→駒つなぎ場(10:05)→天狗の硯岩(10:30)→飯縄神社(南峰)(11:15)→山頂(北峰)(11:30)

山頂(13:00)→一ノ鳥居(14:40)



スタートの一ノ鳥居
スタート

13体の石仏が祀られているので、次は?次は?という感じで見つけながらいい感じで登って行けます。子どもにとってはこういうのがいい目標になっていいですね。途中、下って来る人に挨拶したら、あれ!?学校の先生たち。ちょうど5年生の学校登山の下見に登ってきた所だったみたいです。こんな場所で会うなんてびっくりでした。
①

岩場には鎖もありますが使わないで登れました。
岩場

南峰への最後の登り。
このころは「山頂は?」の言葉が何度となく出ていたRyo。
登り

やったね、山頂。
山頂

子供ができる前、最後に登った山、高妻山もきれいに見えました。
(レンズに汚れがついて黒い点が‥残念)
多少かすんではいましたが、360度の大パノラマ。山頂は大賑わいでした。
高妻山

ゆっくりと景色を見たり、お昼を食べたりして下山開始。
雪
山頂と南峰の間にはまだ残雪が。

下山
帰りの足取りは軽く。
さよなら大パノラマ。

鎖場
やっぱりこういうの好きですね、子どもは。

天狗の硯岩
天狗の硯岩で天狗の舞。

長々続く下りに最後は「ひざが笑っちゃう~」と二人で笑いながら歩きました。疲れてるはずですが、弱音は一切はかずに私の前を歩き通しました。そして、無事下山。
着いた!
ゴール

往復4時間20分。
Ryo初めての登山、本当に頑張りました。
景色もよくて最高でした。

「また違う山に登りたい。」
うれしい言葉が聞けて次の山選びの楽しみができました。
夏休みには富士山行きも予定しているんですけどね。






スポンサーサイト

コメント

no subject

しずさんへ
ご無沙汰しています。
この飯綱山は、けっこうキツイと聞いたけど、RYOくん一緒に登っちゃうなんてすごいね。母と2人ってのも、いいよね。RYOくんとの間だけの秘密も大切だよね。
うちも、今年は軽~くトレッキングからと考えているよ。そして、いつか富士山へ。同じです。
また、富士山レポ楽しみにしています。

Re: no subject

やーごさん
ご無沙汰してます。
飯綱、入門にはもってこい。天気もよくて、とっても気持ちのいい山行だったよ。
ここら辺では5年生で登るみたいだからね。

富士山けーごくんと?
うちはあずはちょっと無理かな。本人がつらいだけだし。夢だったんだけどね。
あずにはあずが楽しめるもので、山は息子と楽しむことにしたよ。

富士山、山としては好きじゃないんだけどやっぱり日本一ということで一度は連れて行ってあげたいなと思って。私はいろんな人連れて4回登ったバカだけど(笑)

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【飯綱山(2012.5.19)】

Ryoも二年生になり、一緒に山歩きできるかなぁなんて親の勝手な思いですが、誘ってみたらいい返事が返ってきたので私も十数年ぶりに山を復活しようかと思います。Ryoのデビューはどこがいいかな?と考えましたが、ここら辺の学校登山の山、「飯綱山」に決めました。子ども...
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。