スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯縄山~瑪瑙山、そして戸隠山へおひとり登山

2012.09.16 05:32|お山日記
おひとり登山の記録です。
お山に興味のある人はどうぞ。

☆飯縄山(西登山道)~瑪瑙(メノウ)山 (2012.9.7)

中社ゲレンデ駐車場 8:45
西登山道口(近道) 8:55
萱ノ宮       9:20
飯縄山山頂     10:32
瑪瑙山       11:12
駐車場       12:13

西登山道の入り口はチビッ子忍者村を過ぎて少し行った所にあるので、ピストンの場合はそこに路駐。今回は瑪瑙山を回るコースだったので、下ってくるスキー場の駐車場に停めて登山口まで歩きました。

久しぶりの単独登山。自分の呼吸と向き合いながら充実した山行になりました。

合流
初めての西登山道。歩きやすかったです。
ここで南登山道と合流します。

ハクサンシャジン あざみ

トリカブト
山頂手前はお花畑。
ハクサンシャジン、アザミ、トリカブト、タカネマツムシソウなどなど。高山植物の知識は全くないので勉強しなくちゃ。

飯縄山頂 瑪瑙山分岐
飯縄山頂は素通り。少し下ると瑪瑙山と霊仙寺山の分岐。左が瑪瑙山ですが、右の霊仙寺山への道は藪こぎ苦戦しそう。いつかは行ってみたいけど。

下りは走る走る、気持ちいい。
瑪瑙山への稜線
瑪瑙山への稜線。

ゲレンデを下る
瑪瑙山を越え、ゲレンデを下ります。まっすぐ行くと皆無山(越水ゲレンデ)方面、私は中社ゲレンデ(左)へ。
トレランレースがあるらしく、いたるところにコースを示す矢印が。マラソンは嫌だけどトレランちょっと興味あります。

沢伝いの道
こんな気持ちのいい道を独占。気分はトレランで走って下りました。
お昼過ぎには駐車場へ。

子供たちが学校&保育園行ってる間に、こんな素敵な山歩きを楽しめちゃうのは長野に住む特権だなぁ。おひとり登山は独身時代以来だったけど、自分の限界に挑める単独山行は自分を見つめ直す素敵な時間でした。


☆戸隠山(奥社~牧場コース)(2012.9.15)

キャンプ場P  4:20
奥社参道入口  4:50
奥社 5:20
五十軒長屋 5:53
蟻ノ塔渡り 6:25
八方睨 6:44
戸隠山 6:53
一不動 8:05
牧場 8:49
キャンプ場P 9:04

土曜日夜明け前に自宅出発。
キャンプ場Pからヘッドランプをつけて奥社入口まで。真っ暗な誰もいない奥社までの参道を歩きました。
奥社に着くころには空が明るくなり始めホッとひと安心。
奥社
登山届を出して出発。

五十軒長屋 鎖1
いきなりの急登の連続。五十軒、百軒長屋を過ぎると鎖場の連続でした。ほぼ垂直に近い岩場もあってどうなるかと思ったけどこれがけっこう楽しめました。そしていよいよ‥

蟻ノ塔渡り2
来ちゃいました、蟻ノ塔渡り。
やっぱりすごい!と思ったけど、不思議と怖いとは思いませんでした。でも落ちたら間違いなく死なので慎重に。いっぱい写真撮りながら、四つん這いになって進みました。

蟻ノ塔渡り5 蟻ノ塔渡り6
続く剣ノ刃渡りは本当に刃のように尖ってるのでまたいでお尻で進む感じでした。渡り終えて振り返る最大難所。渡ってるときはなんてことなかったけどこうやって後で見ると怖い。

八方睨より 戸隠山

八方睨より西岳。そして戸隠山頂。バックに高妻山がそびえます。

黒姫 白馬
黒姫や飯縄も見てくれていました。
白馬連峰もバッチリ。

長いアップダウンを繰り返して九頭龍山を経て一不動へ。ここは高妻山と牧場の分岐。高妻山には以前牧場から登ったことがあるので懐かしい道。沢を何度も横切って下ります。下りは走る‥が単独登山のときの恒例になってるのでぐんぐん進んで牧場に下りました。

戸隠振り返り
キャンプ場から歩いた稜線を振り返ります。生きて帰ってこれてよかった。
蟻ノ塔渡りより、夜明け前の真っ暗な参道歩きの方が怖かったです。おかげで10時には家に戻れたんだけど。今回も行かせてくれた家族に感謝です。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。