スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火打山~妙高山日帰り登山と笹ヶ峰の紅葉

2012.10.22 05:50|お山日記
火打山~妙高山日帰り登山(2012.10.20)

笹ヶ峰登山口 5:20
黒沢出合   5:58
十二曲り   6:21
富士見平   6:56
高谷池ヒュッテ 7:23
天狗の庭   7:36
雷鳥平    8:01
火打山山頂  8:30

火打山山頂   8:40
高谷池ヒュッテ 9:24
茶臼山     9:43
黒沢池ヒュッテ 9:58
大倉乗越    10:19
長助池分岐   10:43
妙高山北峰   11:37

北峰     11:50
南峰     11:55
北峰     12:00
大倉乗越   13:01
黒沢池ヒュッテ 13:17
富士見平   13:46
黒沢出合   14:19
登山口    14:44

22.5キロを約9時間‥予想通り修行の山行となりました(汗)。
17時前には家に戻らなければいけなかったというのもあって、腰を下したのは火打、妙高山頂で10分ずつのみ。初めて山で足がつるという経験をして焦りましたが、ストレッチと水分補給で乗り切りました。この日は冷え込んだようで霜柱、氷の登山道、そしてきれいな樹氷も見ることができました。山の冬はすぐそこまできていました。

出発
夜が白み始めたころ、ヘッデン片手に登山口を出発。木道は霜で凍って白くなっていました。

黒沢出合
黒沢出合。
すっかり明るくなって紅葉も見頃。

十二曲り 朝日に染まる

十二曲り。
急登とありましたが、それほどでもなかった。この先もぐんぐん登ります。木々の間から朝日に染まる山々が見えました。

富士見平 氷
富士見平。
高谷池ヒュッテ~火打山へは、左へ。
霜柱、氷をザクザク踏みしめながら進みました。

妙高より日の出
途中、妙高山から朝日が登りました。お日さまの光があたたかくて本当にありがたい。

高谷池ヒュッテ 火打への分岐
三角屋根の高谷池ヒュッテを過ぎてすぐに茶臼山との分岐。火打山山頂は左。火打山頂から下って妙高山へはこの分岐右方向に行きます。

天狗の庭1 天狗の庭2
木道を進んで、天狗の庭。

火打
火打山がどーん。

枝に氷 雷鳥平上の樹氷
天狗の庭をすぎ、尾根道に出ると木の枝には氷がくっ付いてました。朝日を浴びて氷がパラパラと落ちる音を聞きながら進みました。
北斜面は氷
振り返ると北斜面は真っ白。

火打山頂
丸太の階段を上り、ようやく火打山山頂。
風が強くて寒かったけど、360°の大パノラマでした。

山頂より焼山、雨飾山
焼山(左)とこの前登った雨飾山(中央奥)。

日本海 北ア
日本海方面(写真左)と北ア(右)。

飯縄、戸隠 東方面
手前に飯縄・戸隠と奥には槍・穂高も(写真左)

ぐるっと絶景を堪能し、おにぎりを食べて妙高に向けて出発。
目指す妙高は遠く
ニョキッと大きな頭を出した妙高山。
遠いなぁ。

黒沢池ヒュッテ
茶臼山を越え、ドロドロのぬかるみ道を下ると黒沢池ヒュッテが見えてきました。妙高山への分岐を登り始めたところで左の太ももがつりました。ごまかしごまかし進みましたが一歩ごとつりそうになるのでストレッチをして、水分を摂ったら復活。と思ったら今度は、右の腿。これから本格的な登りなのにどうしようかと焦りましたがいつの間にかつらなくなりました。自分の体ながらすごいと感謝。

大倉乗越 迫力の妙高
大倉乗越から妙高がどーん。
ここから急な下り。ロープのあるガレ場もありましたが慎重にいけば大丈夫です。

大倉の紅葉
斜面の紅葉きれいでした。

長助池分岐 急登
長助池分岐。
ここからはひたすら急登。もう無心で一歩一歩という感じでした。

北峰の祠 妙高山頂
祠を過ぎると、妙高山頂(北峰)。
頑張った。
10分ほどおにぎりタイム。

ガスの南峰 南峰
ちょうどガスってしまっていましたが、最高地点の南峰へも足を延ばしました。北峰から見る南峰(写真左)と南峰。ふたたび北峰に戻って下山開始。

大倉下りから火打
大倉乗越までの道から見たはじめに登った火打山。
あそこから歩いてきました。

黒沢池1 黒沢池2
ひたすら足を動かし続け、黒沢池ヒュッテに戻ってきました。
黒沢池の木道を池尻経由で富士見平まで。

下の紅葉 黄葉
もみじ 紅葉トンネル
富士見平より下は紅葉がとってもきれい。紅葉トンネルを抜けてついに登山口に戻ってきました。

登山口
辛抱辛抱の山行でしたが、それだけに大きな達成感。
天気にも恵まれて絶景と紅葉を楽しめました。

☆番外編

ふもとの紅葉があまりにきれいだったので翌日家族で紅葉狩り。
笹ヶ峰牧場 木のブランコ
笹ヶ峰牧場。
木のブランコがありました。

秋満喫の休日でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。