スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見どころ満載の小布施の雁田山

2012.11.25 19:56|お山日記
雁田山 2012.11.23

子どもたちみんなが実家にお泊りでいないという初めてのフリーDayだったこの日。お友だちとお山の約束していましたが天気予報は80%の雨予報。朝から雨だったら中止かなと思っていましたが、降っていなかったので予定通り小布施の里山「雁田山」に行ってきました。

おぶせ温泉奥の美術館のPに車を停めさせてもらい登山口まで。山の本には「現代中国美術館」とありましたが、今年3月に「藤岡牧夫美術館」に変わった模様。山を下ってからちょっと中を見させてもらいましたが、その絵のタッチにひと目惚れしちゃいました。お金あんまり持ってなかったので150円のポストカードをお土産に。ちょうど藤岡さん本人がいらして、サインも入れてくれました。またゆっくり見に行きたいな。
絵
ちょっとピンぼけになっちゃいましたが買ったポストカード。小布施橋から見た飯縄山の絵。素敵。

雁田山は周回コースなのですが、どちらから登るかは本やブログによって違って迷いましたが、今回はすべり山登山口から。

すべり山登山口  7:22
反射板跡    8:08
物見岩     8:19
展望園地    8:23
姥石      8:32
千僧坊     8:50
大城      9:24
岩松院     9:40
すべり山登山口 10:00

すべり山登山口
尾根道を直登という感じでなかなかの登りでしたがいいペースで。

反射板まで
きれいな道標や熊よけベルが設置されていました。

反射板まで2 反射板から
気持ちのいい道。

東屋 高社山
反射板跡をすぎ、東屋のある展望園地に。ここからは北信五岳の眺めが最高です。この日は時より雨がパラパラする曇り空でしたが、それでも奇跡的にこの景色。高社山もくっきり(右)

岩の間を 姥石
こんな岩の間を進みました。姥石(右)

千僧坊
千僧坊。ここから少し先に進むと最高地点ですが、今回は行かずに分岐を左に下りました。下りはものすごい急坂。ロープが張ってありますが落ち葉で滑るし慎重に。逆コースだとこの坂を登ることになるけどどっちがいいのかな?

大城 岩松院登山口

途中、大城跡、小城跡を経由して岩松院へ。ここは北斎の天井絵が有名。ここからせせらぎ緑道という遊歩道を歩いて駐車場まで戻りました。途中に浄光寺というお寺があり名水をいただきました。

帰りにおぶせ温泉「あけびの湯」にゆったりと入ってフリーDayを満喫させてもらいました。
この日の夜はえびす講の花火大会。こちらもしっかりと楽しませてもらいました。花火が大の苦手なあずはお父さんと避難。花火だけはどうしても克服できないようです。

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。