スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侮れない里山の京ヶ倉(万平~眠り峠周回)

2012.12.13 04:45|お山日記
行ってみたかった生坂村の京ヶ倉(990m)
雨を覚悟する天気予報でしたが、奇跡的なパワーをもつ晴れ女のお友だちと一緒だったのでもしやと思っていたらやっぱり。途中の雨がうそのように生坂村は降っていませんでした。

長野から国道19号を松本方面に。生坂トンネル手前を右折。生坂小学校へ左折する所から「京ヶ倉登山口」の看板がしっかりと立っています。狭い林道を少しいくと万平登山口。トイレなし。ルート地図と登山ノートがありました。


万平登山口  9:55
おおばこ見晴台 10:29
馬の背   11:00
京ヶ倉山頂 11:16-11:30
大城   11:43-12:00
物見岩  12:19
三角点  12:22
はぎの尾峠 12:25
眠り峠(林道終点) 12:46

京ヶ倉登山口 登山口から1
万平登山口(P7,8台可)からしばらくはこんな道

はしご
そしてやせ尾根やハシゴがいくつか。

おおばこ見晴台から
おおばこ見晴台から生坂ダム方面
クネクネしてますね

馬の背まで 馬の背→
ふかふかの気持ちのいいトレイル。
分岐はもちろん馬の背

馬の背 馬の背2
そして楽しみにしていた馬の背
かなりの高度感、ヤッホー。

馬の背より生坂 馬の背より筑北方面
馬の背より生坂方面(左)、筑北方面(手前岩殿山)
残念ながら北アの展望はなし。
それでも折り重なる山々がきれいでした。

トドの背
トドの背
こちらは登らず左に巻道があります。

京ヶ倉までの岩場
岩場がたくさんあって楽しい。

京ヶ倉山頂
そして京ヶ倉山頂。
着いたとたんにちらちらと雪が舞い始めて神秘的。
戸隠、黒姫、飯縄も望めました。

大城
下って登り返して大城。
ここでランチ。

物見岩 三角点
物見岩(左)、三角点

はぎの尾峠 眠り峠まで
はぎの尾峠分岐
今回は一番距離のある眠り峠まで。
思わず走りたくなるこんな道。

眠り峠の林道終点まで行き、そこから林道をくねくね下って下生坂へ。国道沿いのガソリンスタンドでおトイレを借りて登山口の万平まで車を取りに走りました。下山口に車をデポして登れば楽なんだけど二人で行くのに別々は嫌。最後の最後で大汗かきました。折りたたみ自転車でも買おうかな?

1000mに満たない山ですが、ちょっぴりスリリングで盛りだくさんの楽しめるお山でした。今度はお花の時期にまた。
下生坂から振り返る







スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。