スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金太郎伝説の大姥山(大姥神社~布川峠)

2012.12.24 03:17|お山日記
まだまだ楽しめる里山を求めて‥

八坂村の大姥山(おおばやま)1006m 2013.12.16

R19を松本方面から長野へ向かうと、遊湧自然館さざなみを過ぎてすぐ左に大きな金太郎の看板があります。前から気になっていたのですが、今回はその金太郎伝説の山、大姥山にRyoとお友だち夫婦と行ってきました。ここの伝説によると八坂の山に住んでいた紅葉鬼人という女と有明山に住む八面大王との間に生まれたのが金太郎だそう。金太郎が生まれたという洞窟や産池があったりしていろいろ想像しながら歩くと楽しい山でした。

今回は車2台で行き、山姥の滝に1台の車をデポして大姥神社から周回しようと思いましたが、途中の林道が工事中のため通行止めでした。引き返し、県道464号で布川峠の登山口へ置くことに。大姥神社から大姥の散歩道を峠に下るコースにしました。大姥神社登山口までの狭い林道は解けかけた雪道でタイヤが滑る滑る。林道終点の登山口には立派なトイレがありましたが冬季閉鎖なのか開いていませんでした。


大姥神社本宮登山口 8:32
大姥神社 8:37
洞窟まで30分の看板(ガンゲ) 8:46
左折あと7分の看板 9:08
洞穴 9:15-9:30
大姥山山頂 9:40-10:05
大姥の散歩道分岐看板 10:14
山姥の滝分岐 10:50
布川峠登山口 11:10

登山口 大姥神社
登山口の金太郎看板。
すぐに大姥神社。

急登の始まり 鎖場1
急登が始まり鎖場の連続。
Ryoは張り切って先頭を進んでいきました。男はこういうのがたまらないようです。

鎖場1~雲海
あいにくの天気でしたが、雲の合間から朝日が差し込み幻想的な景色。

洞窟まで30分
山頂までは金太郎が導いてくれます。

左折あと7分 洞窟まで
この看板を左に進みます。斜面の道は落ち葉と雪で滑りやすい。

ぐるっと回り込むと想像を超えたスケールの洞窟が‥
洞窟1 洞窟2
ちっぽけなRyo。

足跡? 洞窟からの展望
金太郎の足跡?かしら。

洞窟奥の割れ目に耳を当てると越後の海の音が聴こえるとあったので試してみましたが、う~ん。まぁそんなこんんなが楽しい。Ryoは今回この洞窟が気に入ったみたい。もっと遊びたそうでしたが山頂に向け分岐まで戻りました。

鎖場2
そして山頂まではまたまた鎖の連続。

山頂 山頂から
アンテナ2本と東屋のある大姥山山頂到着。
北アは雲の中、残念。

散歩道分岐 雪の散歩道
 
大姥の散歩道の分岐看板を進むとスノーハイキング。動物の足跡探しをしながら‥

三角点分岐看板
三角点分岐がありましたが、Ryoはスルー。

滝分岐看板 秋葉神社
所々、細くて荒れた尾根道もあったりしましたが、快適な道を下りました。
大姥の滝への分岐看板。今回は布川峠へ。そして岩の上に祀られた秋葉神社。

布川峠
そして程なく車をデポした布川峠登山口へ。

展望がきかず残念でしたが、鎖場、雪、洞窟、尾根道‥いろいろ楽しめたお山でした。次回は滝にも足を運んでみよう。













スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。