スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モントレイル 戸隠マウンテントレイル

2013.06.09 05:42|トレラン
モントレイル 戸隠マウンテントレイルで初トレランレースデビューしてきました。

去年秋出たレースはビギナーの部で距離も6kmと短くて高低差もたいしてなかったけど、このレースは20kmの上、瑪瑙山山頂を経由したりとアップダウンもあり。本格的なレースデビュー戦となりました。一度試走できたらなんて思ってたけど腿を痛めてたのでぶっつけ本番。腿の故障と、初めての距離に不安いっぱいでスタートを迎えました。

装備ですが、小型のザックと迷って決めたのはこれ。
装備① 装備②
ウルトラスパイア スプレイ
ザックというよりベストです。20kmでエイドも2箇所あるのでこのくらいで十分かなと。

装備③ パワージェル
背中にハイドレーションを入れることもできますが、私はどうもあれで飲むのがが苦手なので、胸のポケットにボトルを入れて走りました。あとは補給食としてパワージェル1個。トレマン店長おすすめのアサイー味にしましたがおいしかったです。

20kmは第1セクションと第2二セクションに分かれていて、第1セクションは14km。瑪瑙山山頂までひたすら登って一気に下って飯縄の西登山道の鳥居まで少し登ってまた下り、小川の小径から中社ゲレンデを登ってスタート地点の戸隠高原ホテル前に一旦戻ります。第2セクションの6kmは、去年秋に走ったコースと全く同じ。激登りのある第1セクションを頑張れば何とかなると思って挑みました。

午後1時スターという珍しい大会。家族のお昼を作ってから出かけました。
戸隠の天気はいまひとつ。お昼頃には雨もぱらついたりと肌寒いくらいでしたが、スタートする頃には陽も射し始めてきました。
スタート
600人が走るので、順位を狙う人は前の方、そこそこ走りたい人は真ん中、ゆっくりと行きたい人は後ろに並んでとアナウンスがあったので、まあそこそこということで真ん中あたりにスタンバイしていよいよスタート。はじめは列になって進むという感じでハイペースになりすぎずよかったです。



スキー場登り 瑪瑙山頂 中社ゲレンデ
せっかくカメラも持って走ったのに終わってみたら撮ったのは第1セクションのこの3枚だけでした。しかもなんだかピンボケ。まぁそれだけ真剣だったということで。

瑪瑙山に向けてゲレンデ直登(左)
瑪瑙山山頂(真ん中)
中社ゲレンデ(右)

登りはほとんどみんな歩き。傾斜が緩くなってきたらまた走りだすという感じで、その流れに乗って進みました。そこそこの真ん中でスタートしたのがよかったのか、ペースもいい感じの集団に入ってちょっと歩きたいって思ったところでちょうど歩きに入ってくれたりしてなんだか勝手に一体感を感じさせてもらっていました。

どうやら下りが得意な私は、登りはひたすら我慢。抜けたら抜く。下りで一気に飛ばして順位を上げる感じで行きました。ただ、やっぱり右の前腿が痛くていつものようには飛ばせず。それでも下りで抜かされたのはひとりだけでした。もうレース中壊れなければいいやという気持ちで走り続けました。

10km過ぎでパワージェル補給。初めてのジェルでしたが想像以上にどろっとしてして喉に貼りつく感じ。ドリンクで流しこんで完了。なんだか効く感じ。

前日雨が降ったせいもあって泥べちゃ道。丸太を渡してあるところもありましたが、その丸太がまた滑る。なるべく濡れないようにと思ってましたが、一度泥にはまってからはもうお構いなし。泥んこ大歓迎。楽しくなってきました。

第1セクション最後、中社ゲレンデからスタート地点へ戻る道でこの大会のプロデューサーの山田琢也さんの姿。「リズムよく!」と檄を飛ばしてくれ、しっかりとタッチをして通過。やっぱり元気が出ます。

不安だった第1セクションを無事走り切ってちょっと安心したのもつかの間。第2セクションへ走り始めてすぐに足が変な感じに。一歩踏み出すごとにつりそうな状態になってついに‥。ストレッチをして水分を摂って少しずつ走ってみたらうんいけそう。ホッとして最後の6kmに挑みました。

キャンプ場までの下りもここで稼いどかなくちゃとガンガンとばして順位を上げました。念仏池からの微妙な登りはさすがに走ったり歩いたりでしたが、「vs自分」の看板に勇気づけられ最後は自分との闘い。ゴール近くなって時計を見たら4時5分前。これは3時間切りを狙うしかない。ラストの登りをなんとか頑張ってゴール。

結果は2時間58分18秒

泥靴
もう靴の中まで泥!

ゴールする頃、応援に来てくれることになっていた子供たちはまだこちらに向かい始めたところでした。どの位で走れるか全く分からなかったし、足の故障もあったから4時間位かかると読んでいたみたい、お父さんは。そのまま家に戻ってもらいました(笑)

ゴール後はものすごい爽快感。
疲れてるけどまだまだ走りたい感じでした。
ゴール
他のみんなのゴールを見るのもまた感動。

しんどかったけどそれ以上にとっても楽しかった初レース。何より応援してくれる人たちにたくさんパワーをもらいました。ありがとうございました。
記録証

もう次のレースを物色中。
斑尾50k出たいな~





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。