スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足の痙攣との闘いだったモントレイル黒姫

2013.07.21 04:57|トレラン
今年2回目のレース、モントレイル黒姫トレイルランニングレースに参戦

10日程前に突然首に激痛で回らなくなって1週間全く走れませんでした。ぎっくり首ってやつらしいですが、本当に何をしても痛くて、ブロック注射と痛み止めでなんとかレース直前3日前にやっといつもの朝ラン復活という感じ。首から肩、背中はまだ痛みがあるけど、この休息のおかげで痛めていた足は完全復活。10日前の状態だとレース諦めなきゃっていうか走るなんてとてもできないって思ってましたが、参加料も安くはないし、迷いに迷って参戦することにしました。とりあえずDNSは避けたかった。無理をしないで完走を目指すということで。

6月のモントレイル戸隠と同様、スタートは午後1時。
黒姫までは車で40分かからずに行けるので、お留守番の家族のお昼を用意してから出かけられます。家族を残して好きなことさせてもらってるので、なるべく迷惑かけたくなかったりするのでこの日程はありがたい。首都圏から参加する場合も当日朝出発でいいので助かるんじゃないかな?

DSCF2674.jpg DSCF2675.jpg
スタート・ゴール地点、黒姫高原コスモプラザ
いいお天気で吹く風も気持ちいい~

DSCF2676.jpg
コース説明
かなりきつい登りが待ち受けてるようで、ドキドキが高まる

ロング23kは、ちょっと距離を伸ばして24.5kになったみたい。戸隠は20kだったのでもちろん初めての距離。まぁなんとかなるだろう。

DSCF2677.jpg
そして、いよいよスタート
今回はゆっくり完走が目標なんだけど、いざここに立つとやっぱり‥真ん中くらいから

DSCF2678.jpg DSCF2679.jpg DSCF2683.jpg
はじめは抑えて抑えて‥と言い聞かせながら走りました。後ろから来たらどんどん抜いてもらう。それでもいい位置だったようでだいたい前の人に付いて走れるペース。首は思ったより気にならないし、足は順調。完走はできると確信しました。

DSCF2685.jpg DSCF2686.jpg
そして来ました激登り地点。
見た瞬間、思わず喜びの?声が上がります。前も後ろも大行列。でもそんなペースでしか登れません。走れる訳がない。

DSCF2687.jpg
コースの脇のあちこちにメッセージボードが‥ひと言ひと言かみしめて、通過。
沿道の応援もそうだけど、こういうのほんとにパワーになります。全部でいくつあったんだろう?

DSCF2688.jpg
そして1A(10.5kだったかな?)
BAAMとバナナをいただきました。
ちょっと足のストレッチをしてスタート。エイドでもっとゆっくり休んだ方がいいのかもしれないけど、それができない性分のようです。

そして林道の長い下り
DSCF2689.jpg
高度が上がりガスってました。暑さが心配だったけど好条件。得意の下りでかっ飛ばそう!と思ってましたが、下りに入った途端に両ももが攣る一歩手前な状態。足まで届け~と願いながら水分、塩分補給。走れない訳じゃないから足の力を抜きながら走っているといつの間にか回復。5kくらいの下りは少し人を交わしながらいい感じで走れました。

DSCF2690.jpg DSCF2691.jpg
そしてコスモス園から望湖台への登り
登りに入った途端、足が重くて動かない。一歩一歩修行のように上へ。望湖台の絶景!見るの忘れた。写真ももちろんなし。その前に2Aが目に入ってそちらに引き寄せられました。水をガブッと一杯。残り7kくらい?

DSCF2692.jpg
この後も登りも何度かあって、修行、修行。足にだいぶきてたけどまだ走れる。
‥が、残り3.5kの下りに入ってすぐにやってきました。両もも痙攣。どうストレッチしてもダメ。一歩も足を前に出せない。こんなの初めて。抜いて行くランナーにも「ガンバ!」と声をかけられるけど、気持ちも全然あるんだけど足が。ひたすら痛みに耐えながら、このままだったらここで終わり?!なんて一瞬考えちゃいました。

5分位、悶絶状態でしたが少し歩いてみたら行けた。
もうちょっとだからと走ってみたら大丈夫。
自分でも信じられなかったけど、どうやら復活してくれました、足。

この御鹿山トレイルの下りは本当に飛ばし所だっただけにこの痙攣は痛かった。でも復活後はかなりいいペースで走れて、抜かれた人にも追いつけました。林道に出るとほぼフラットだけど微妙に登ってる感じでなかなか進まない。ちょっとでも変な力が加わるとまた足が悲鳴をあげそうで怖いし。足に全神経を集中させて早歩きでひたすら前進。残り1kを過ぎ、走れる所は走る。そして舗装道路に出て最後の力でラストスパート。ゴール!

無事完走。
タイムは3時間32分48秒でした。

今回ハイドレに1L入れてたんだけど、終わって中を見たら結構残っていました。痙攣の原因はぎっくり首での練習不足とやっぱり水分不足かな?痙攣の予兆が始まってからは、水分・塩分を多く補給したけど。大事ですね。

首が一番の心配だったけど、後半は足に泣かされたレースになりました。

とにかく走り切れてよかった。
足がもってくれてホッとした。
きつかったけど楽しかった。

運営の方々、ボランティアの方々、応援してくれた地元の方々‥ありがとうございました。

次は美ヶ原35k
暑さ対策と水分補給を万全にして望まなくちゃ。

スポンサーサイト

コメント

お疲れさまでした☆

しずさん、完走おめでとうございます☆
ぎっくり首?大変でしたねぇ。
黒姫、走れる楽しいコースでしたね。
(って私は故障で半分以上歩きましたが^^;)
ここまで40分とは羨ましい。
こちらは高速飛ばして4時間くらいでした。
それでも、また訪れたい山域だし、
来年も開催してほしい大会だなぁと思いました。
美ヶ原、あの大変なレースですね!
頑張ってくださいね。

Mikiさんへ

コメントありがとうございます
黒姫はいいレースでしたね
っていうか私にとってまだ2回目のレースでしたが‥
足が攣ってしまって、足の筋力のなさに情けない思いをしましたが
Mikiさんも足の故障大丈夫ですか?

美ヶ原は過酷のようですが、35Kの方ならなんとかなるかな~なんて
近場のレースを選んでエントリーしてます
まわりがすぐ山って恵まれてるな~と思います

レースも山も楽しむとモットーにやっていきたいですね
非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。