スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斑尾フォレスト50k参戦 当日レポ

2013.10.09 02:44|トレラン
斑尾50k いよいよ当日の朝を迎えました

4時起床
なかなかよく寝られた
着替えを済ませて5時前にペンションを出た
相部屋のランナーさんも16kでスタートは50kの1時間後なんだけど、早く朝食を済ませたいということで、一緒に車で会場に向かいました

外に出ると白み始めた空に星
いい天気の予感です

パーティーと同じ会場で朝食
おにぎり、サンドイッチ、ミネストローネ、バナナ、牛乳、オレンジジュースをいただきました
温かいミネストローネがとってもおいしかった~
牛乳も濃厚でお代りしちゃいました
おかげでお腹もスッキリすることができ、いい感じ(笑)

当日朝
スタート前のゲート
ちょっとドキドキ、だけど楽しみ

50kは6:30スタート
10分前に後ろの方に並びました
スタート前
石川さんの合図で「お~!」と気合を入れ、いよいよそのとき
スタート!

斑尾山には登ったことあるけど、コースの試走はゼロ
未知のトレイルを楽しもうという気持ちで、とにかく50k完走できるように抑えて抑えて‥を心がけゆっくりと走り始めました

(さすがに50kは長かったしもう夢中だったので記憶が曖昧ですが、なんとなくレポということでおかしいところもあるかもしれませんが目をつむって下さい)

3Aまではウォーミングアップっていうくらいの感じで‥という石川さんの言葉を言い聞かせて無理をせず、登りは歩きで下りも飛ばさず進みました
ゲレンデ登り
ゲレンデ登りも思ったほどの斜度ではなく、そこからは気持ち良く走れる下り
あっという間の1A到着でした

1A
1A(7.7k) 53m
ムサシ、バナナを補給

ガイダンスのときの目標タイムは1h10mだったので、ゆっくり来たわりにはそれよりも早かった
こんな感じのペースでいいんだとちょっと安心
この先のトイレまで結構あると聞いたのでトイレの列に並んだ
トイレ待ちで7分くらいの滞在でスタート

途中絶景のポイント
絶景1 絶景2
黒姫(左)、妙高、そして野尻湖
思わず立ち止まって見とれる

2A
そして2A(18.5k)到着 2h16m
ムサシ、バナナ、パワーバー補給

目標タイムに30分の貯金、よしよしいいペース
体もいい感じですぐにスタート
2Aから3Aまでは斑尾山への登りと下りがあり、このコースの中では一番の高低差
覚悟してた分、そんなにきつくなかった
山ばっかり行ってた効果か?もっと登るんじゃないの?とあっという間に大明神岳に到着
大明神岳


そして展望もなく寂しい斑尾山山頂
斑尾山頂
山頂から下りのトレイルは気持ちよく
「ここから下り!」と聞いてちょっとでも登り返しとかあると嘘じゃんなんて独りごと言ったりしながらとにかく前へ
基本走れるし楽しい

第一関門のある3A(23.9k)に到着
3A
3h22m
目標タイムが4h25mだから一時間の貯金ができてた、びっくり!

蒸かしたジャガイモに塩つけて食べた
レース中にじゃがいも?と思ったけどこれがいけました
ここでは地元のちびっ子たちもエイドのお手伝いや応援をしてくれていて微笑ましかった
やかんをもった女の子にボトルに水を入れてもらってスタート

3A~4Aは袴岳を越えます
ガイダンスで3回登りのピークを越えて4つ目が袴岳だと聞いたのでそれを頭に入れてアップダウンを繰り返しました
う~ん、確かに登ったと思ったらまた下ってそしてまた登って‥ってな感じ
聞いておいてよかった
初めての袴岳
袴岳

そして4A(33.8k)
4A
5h04m (目標タイム6h15m)
まずトイレ

ここでのお楽しみは‥
4A笹寿司
笹寿司!!
ブドウ!!
(胸ポケにカメラ入れてたから汗でくもってます)
笹寿司は本当においしくて2ついただいちゃいました
米最高!
ブドウも種なしで皮も食べれるやつだったので10個は食べた
もうお腹がレース中とは思えない(笑)

ここのエイドはもう長居したくなるくらい最高でしたが、先へ
4A~5Aまでは毛無山を通過します

生命の森
毎年植樹を行っている生命の森
小さな森が育っていました

毛無山手前37.4k地点で第2関門通過 5h46m
なんとなく毛無山を越え、気持ちよい下りのトレイル
本当はもっと飛ばせたけどもう未知の距離に突入していたので、抑えて抑えて
黒姫のレースで痙攣に泣いたので、何があるか分からないし

でもここまで足の爪が痛いくらいで快調
走れてる自分が嬉しくてあとはゴール目指して進もうと思いました

5A手前
何につまずいたか分からないけど気がついたらダイブ
見事なこけっぷり
ふくらはぎが攣りそうになったけどセーフ
なぜか胸から落ちて一瞬ウってなったけど大丈夫みたい
よかった~

トレランレースではこける大人たちをたくさん見てきたけど、今回の私最高かも
丈夫な体に感謝しながら走り復活

5A(43.0k)
5A
6h35m(目標タイム7h45m)
フルマラソンの距離を超えた
ここは冷えたりんごがおいしかった

残り7k
体は全然動いてるし、もう完走は確信しました
ここから登り基調のトレイル
辛抱辛抱の7kでした
でも周りにいるランナーさんも確実に前へ進んでいる
走れるレースの厳しさを実感したけどそこがまたいい
時間はたっぷりあるしここから歩いても完走は確実だったけど、走れる所は走った
ホテルに出るまで本当に長かったなぁ~

パタゴニアさんのエイドで水をいただきラストスパートといきたかったけど、アスファルトの登りは無理でした
下りに入ってスイッチオン
下りならまだまだ全然走れる、元気
ここまで来て後ろから抜かれたないという思いが強くなってなぜか必死になってる自分がいました
最後のゲレンデ登りも思ったほどではなくいけた
ゴールも見えてゲレンデを横切るところで、ゼッケンナンバーを見て名前で声援を送ってくれた女性の方がいました
最後の最後にうれしかった
ありがとうございました

そしてゲレンデを直滑降
足がヤバいのか後ろ向きで下る男性のランナーさんを抜かさせてもらい
ゴール!

7h39m
50kの旅が終わりました

会場ではちょうど表彰式が行われていて、本当なら石川さんがゴールで迎えてくれる?ようですがちょっと淋しかった
ともあれ、大満足のレース
気持ちもお腹も?いっぱいにさせてもらいました

レース関係者のみなさん、ボランティアのみなさん、地元のみなさん、一緒に闘ったランナーのみなさん、ありがとうございました

レースから2日経ってまだ体はボロボロですが‥
来年も出たい
今度はもうちょっと攻めて走りたい
なんて思ってる自分がいます

0関門突破が難しいレースですが、来年も走れたらいいなぁ
本当に素晴らしいレースでした
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
☆はじめまして☆

わが家の子供たち

しず

Author:しず
長女 あず
2003年生まれ・ダウン症。5か月で心臓の手術をしてからはきょうだい一番の元気印。地域の小学校に通っています。習字や歌が大好き。山の天気より変わりやすいあずの心に母は日々修行中。

長男 Ryo
2005年生まれ、年子の弟。母の山の相棒です。将来山キチ確定?!意志の強さは一級品。ついつい頼りにして任せっきりにしてしまいがちなので反省。

次男 Io
2009年生まれ。自由奔放な末っ子。姉、兄をよ~く見て賢く生きています(笑)

最新記事

カテゴリ

仲間がたくさんいます

検索フォーム

ようこそ

Book Mark

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。